和歌と俳句

阿波野青畝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

餅を売る大原女の顔花篝

汐鳴のこひしさに買ふ水雲かな

花下独坐このまま死ぬることあらむ

障子無き離れ座敷の牡丹かな

函入の伊勢物語在五の忌

佐理の字を写さむとおもふ扇子かな

草矢飛べ淡き夕の道の児に

踏まれたる麦藁籠の口が開く

蝶涼し一言主の嶺を駈くる

有馬の湯しづかなるとき妻も裸女

夏の日や鍼のごとくにしぶき

湖の霧に納涼提灯おちつかず

漆喰の漁家に七夕まつりけり

踊姫衣を擲つを照らしをる

どの谿となくかなかなの夕谺

大佛の大鐘見ゆる良夜かな

蜻蛉はや高きをすすみ鰯雲

唐辛子烈士紫色の血を遺す

翁忌の今こそ銀杏かがやけり

しぐれ待つ心に似たり仏の灯

温めし酒うちこぼし膝匂ふ

色ケ浜霰とぶ冬迫りけり

都督府の道にとんどの名残の火

狩の宿へんろのみちの淋しさに

肥の国の藺苗挿す田に火を恋へり

注連作遷宮の沙汰待ちながら