高橋淡路女

侘び住みて雪に早寝や嫁ヶ君

山里へはるばるありし賀客かな

我が門やよその子遊ぶ手毬唄

柱にかけし輪飾うつり初鏡

賀状出しに又でる門や松の内

餅焼いて親しき客や松の内

門ゆくも心安けれ松とれて

梳初や油光りの手馴櫛

葛飾の里より来たり若菜売

旅にある心安さよお元日

賑かに人の出入りや松飾

かくれ家も世に交りけり松飾

若菜買ふや濡れ手拭きつゝ厨口

大利根に漕ぐ船もなしお元日

松納め元のいぶせき戸口かな

双六やいと幼きも打ち交じり

ちらかりて手毬もありぬ部屋のうち

温泉に来て元日を遊びけり

年礼や心おぼえの古きみち

弾初や声高々とあどけなき

賀状来ぬ其の人の訃や人づてに

むべ山の札よごれゐる歌留多かな

結ひ初の重たき髷も嬉しけれ

人日や早なりはひのおのがじし

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 亜浪 泊雲 鬼城 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 かな女 しづの女 万太郎 犀星 久女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句