若菜

古今集 よみ人しらず
み山には松の雪だに消えなくに みやこはのべの若菜つみけり

古今集 よみ人しらず
春日野のとぶひの野守いでてみよ 今いくかありて若菜つみてん

古今集 よみ人しらず
梓弓おして春雨けふふりぬ あすさへふらば若菜つみてむ

貫之
春日野の若菜つみにやしろたへの袖ふりはへて人のゆくらん

躬恒
春日野におふる若菜を見てしより心をつねに思やる哉

能宣
白雪のまだふるさとの春日野にいざうちはらひ若菜つみてん

拾遺集・哀傷 村上院御製
いつしかと君にと思ひし若菜をばのりの道にぞ今日はつみつる

後拾遺集・春 和泉式部
春日野は雪のみつむと見しかども生いづるものは若菜なりけり

後拾遺集・雑歌 入道前太政大臣道長
わかなつむ春日の原に雪ふれば心づかひをけふさへぞやる

後拾遺集・雑歌 返し 前大納言公任
身をつみておぼつかなきは雪やまぬ春日の野辺の若菜なりけり

千載集 俊頼
春日野の雪を若菜につみそへてけふさへ袖のしをれぬるかな

俊成
霞たち雪も消えぬやみ吉野のみかきが原に若菜つみてむ

西行
春日野は年の内には雪つみて春は若菜の生ふるなりけり

西行
今日はただ思ひもよらで帰りなん雪つむ野辺の若菜なりけり

西行
若菜摘む今日に初子のあひぬればまつにや人の心ひくらん

西行
わか菜つむ野邊の霞ぞあはれなる昔を遠く隔つと思へば

西行
卯杖つき七くさにこそ出でにけれ年をかさねて摘める若菜に

西行
若菜おふる春の野守に我なりてうき世を人につみ知らせばや

式子内親王
袖しげし今朝の雪間に春日野の浅茅が本の若菜摘みみん

定家
春のいろを飛火野のもりたづぬれどふたばの若菜ゆきもきえあへず

定家
いつしかと飛火の若菜うちむれて摘めども未だ雪もけなくに

定家
若菜つむ飛火野のもり春日野にけふ降る雨のあすやまつらん

実朝
春日野の飛火野のもりけふとてやむかしかたみに若菜つむらむ

新年 初春 正月 元旦 元日 初日 初空 若水 初詣 破魔弓 年賀 お年玉 屠蘇 雑煮 門松 注連飾り 鏡餅 蓬莱 羊歯 福寿草 手毬 羽子板 萬歳 初芝居 初夢 若菜 七種 初子の日 初薬師  十日戎 餅花 土竜打 松の内  松納 飾納 注連貰 左義長 松過ぎ 小豆粥 薮入り
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内