薺 なずな

古畑や薺摘行男ども 芭蕉

よもに打つ薺もしどろもどろ哉 芭蕉

一とせに一度つまるる菜づなかな 芭蕉

百人の雪掻しばし薺ほり 其角

きのふより若菜摘そへ薺売り 杉風

濡縁や薺こぼるる土ながら 嵐雪

一きほひ六日の暁や打薺 許六

六日八日中に七日のなづな哉 鬼貫

老の腰摘にもたゝく薺かな 也有

ほとゝぎすわたらぬさきに薺かな 召波

京縞の頭巾で出たり薺うり 暁台

薺売鮒の釣場をおしへけり 白雄

薺うつ都はづれの伏家かな 子規

薺摘んで母なき子なり一つ家 漱石

俎板の染むまで薺打はやす かな女

薺摘むやうしろ荐りに塀雫 泊雲

利玄
鎌倉の山あひ日だまり冬ぬくみ摘むにゆたけき七草なづな

利玄
なづななづな切抜き模様を地に敷きてまだき春ありここのところに

しののめの窓の燈を消す薺かな 淡路女

薺摘む頬にしたがへる雪の阿蘇 汀女

ひとり摘む薺の土のやはらかに 汀女

酪農の娘にうす雪やなづな摘 蛇笏

薺つむ帷子雪のふまれけり 蛇笏

潮ざゐの音も薺を打つ音も 石鼎

八方の嶽しづまりて薺打 蛇笏

大嶺よりやまびこかへす薺打 蛇笏

新年 初春 正月 元旦 元日 初日 初空 若水 初詣 破魔弓 年賀 お年玉 屠蘇 雑煮 門松 注連飾り 鏡餅 蓬莱 羊歯 福寿草 手毬 羽子板 萬歳 初芝居 初夢 若菜 七種 初子の日 初薬師  十日戎 餅花 土竜打 松の内  松納 飾納 注連貰 左義長 松過ぎ 薮入り
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内