和歌と俳句

正岡子規

灯を消して元日と申庵哉

元日や都の宿の置巨燵

めでたさや飾りの蜜柑盗まれて

輪かざりに標札探る礼者かな

人の手にはや古りそめぬ初暦

乗そめや恵方参りの渡し舟

春日野の子の日に出たり六歌仙

元日の行燈をかしや枕もと

空近くあまりまばゆき初日

大家や出口出口の松かざり

蓬莱に貧乏見ゆるあはれなり

古妻の屠蘇の銚子をささげける

名こそかはれ江戸の裏白京の歯朶

梅提げて新年の御慶申しけり

初夢の思ひしことを見ざりける

書初や紙の小旗の日のしるし

立札や法三章の筆始

正月の人あつまりし落語かな

新らしき地図も出来たり国の春

薺うつ都はづれの伏家かな

とにかくに坊主をかしや花の春

元朝の上野静かに灯残れり

今年はと思ふことなきにしもあらず

正月や橙投げる屋敷町