新年

家持
新しき年の初めはいや年に雪踏み平し常かくにもが

家持
降る雪を腰になづみて参ゐて来し験もあるか年の初めに

家持
天皇の御代万代にかくしこそ見し明らめめ立つ年のはに

家持
新しき年の初めの初春の今日降る雪のいやけし吉事

古今集・大歌所御歌 大直毘のうた
あたらしき年の始に かくしこそ 千歳をかねてたのしきをつめ

拾遺集・雑春 よみ人しらず
あたらしき年はくれどもいたづらにわが身のみこそふりまさりけれ

拾遺集・雑春 よみ人しらず
あたらしき年にはあれども鴬のなくねさへにはかはらざりけり

良経
あらたまの年をくもゐに迎ふとて今日もろひとに神酒たまふなり

新年 初春 正月 元旦 元日 初日 初空 若水 初詣 破魔弓 年賀 お年玉 屠蘇 雑煮 門松 注連飾り 鏡餅 蓬莱 羊歯 福寿草 手毬 羽子板 萬歳 初芝居 初夢 若菜 七種 初子の日 初薬師 十日戎 餅花 土竜打 松の内  松納 飾納 注連貰 左義長 松過ぎ 小豆粥 薮入り
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内