若水

わか水や柳見よとの道も有 千代女

若みづや迷ふ色なき鷺の影 千代女

若水や松のとしくむ松の影 千代女

若水や千里の水もしらず行 千代女

若水や藻に咲花も此雫 千代女

名代のわか水浴る烏かな 一茶

一葉
あらたまの年の若水くむ今朝はそぞろにものの嬉しかりけり

若水や瓶の底なる去年の水 子規


若水を汲みつゝをれば標はへしふたもと松に日影のぼりぬ

晶子
しら梅に妻袖ながきわか水やひがし幸ほげ笑ます詩の朝

晶子
水盤にわが頬をうつす若水をまた新しき涙かと見る

若水や妹早くおきてもやひ井戸 虚子

若水や映るものみな雪景色 月二郎

若水や真先浴びる紅雀 喜舟

若水にさぶと雙手やはしけやし 立子

若水に奈良井の宿の杓卸す 青畝

新年 初春 正月 元旦 元日 初日 初空 若水 初詣 破魔弓 年賀 お年玉 屠蘇 雑煮 門松 注連飾り 鏡餅 蓬莱 羊歯 福寿草 手毬 羽子板 萬歳 初芝居 初夢 若菜 七種 初子の日 初薬師  十日戎 餅花 土竜打 松の内  松納 飾納 注連貰 左義長 松過ぎ 小豆粥 薮入り
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内