寒月 寒の月

寒月や門なき寺の天高し 蕪村

寒月や鋸岩のあからさま 蕪村

寒月や門をたゝけば沓の音 蕪村

寒月や枯木の中の竹三竿 蕪村

烏飛て高台橋の寒の月 青蘿

寒月や喰つきさうな鬼瓦 一茶

寒月に雲飛ぶ赤城榛名かな 碧梧桐

寒月や雪束の間の罠獲物 碧梧桐

湯上を長廊下踏む彼方寒月が 山頭火

寒月やわれ白面の反逆者 石鼎

寒月や炭出す人の腰に尻に 石鼎

寒月の通天わたるひとりかな 茅舎

寒月や見渡すかぎり甃 茅舎

池を干す水たまりとなれる寒月 放哉

寒の月白炎ひいて山をいづ 蛇笏

寒の月しきりに雲をくぐりけり 万太郎

寒の月夜のひきあけに残りけり 万太郎

寒月に光る畝あり麦ならむ 秋櫻子

夫婦喧嘩もいつしかやんだ寒の月 山頭火

寒月の砕けんばかり照しけり 茅舎

寒月に光琳笹の皆羽撃つ 茅舎

寒月の下背をてらし犬はゆく 青邨

寒月の岩は海より青かりき 茅舎

街角の産院なれば寒月浴び 草田男

お地蔵は笑み寒月の父の墓 茅舎

寒月の一太刀浴びて火の如く 茅舎

寒月のらんらんとして怒れるか 茅舎

時計刻む音にさへ離り寒月下 草田男

寒月に水浅くして川流る 誓子

階登り来しが寒月よそよそし 鷹女

寒月に瓦礫の中の青菜照る 三鬼

寒月光電柱伝ひ地に流る 三鬼

寒月の大いなるかな藁廂 立子

寒月に大いに怒る轍あり 不死男

寒月にそそり立ち折れ波頭 立子

寒月下海浪干潟あらはしつつ 多佳子

棟上げの棟に寒月さしかかる 静塔

寒の月白炎曳いて山をいづ 蛇笏

寒月の運河に出でて割れ易き 不死男

風凪て濤声のこる寒の月 秋櫻子

寒満月こぶしをひらく赤ん坊 鷹女

寒月にぢんぢんと鳴る石の庭 誓子

美しき夜目の生垣寒の月 立子

立冬 初冬 神無月  初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 雪明り 氷柱 寒月 寒菊 水仙
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
旅行案内 お得区案内図