和歌と俳句

原 石鼎

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

朴のつみきはまつてくづれけり

一茎の蘆に消え入る氷魚かな

なくや雪深々と月の橋

藁屋根の厚きひさしや時雨やむ

時雨るゝや又柿の葉の土に散る

短日の月をかゝげし山家かな

短日の水汲みに出ぬま一桶

神楽師の獅子かつぎゆく枯野かな

とりへらす薪に心や冬至

雪の下駄縁に脱ぎある氷柱かな

炬燵出でゝ氷柱の縁に立ちにけり

早梅に羽光らせぬ山鴉

立つ霜と夕焼けてゐる水仙花

ころげある鉢の後ろの水仙花

山茶花や空少しある軒の下

時雨るるや蒲団の人の動きし如し

年々や風よけの外の葱畑

水鳥の今日一日なき冬曇

電車下りしはわれひとりなり冬曇

廂より高き堤や十二月

短日やいつまで澄みてくるる空

短日や或時ふとき我心

鴛鴦浮くや雌やゝに雄に隠れがち

岩かげを流れ出て鴛鴦美しき

炭割るや陸をよそなる鴛鴦二つ