和歌と俳句

原 石鼎

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

肉太な水仙の葉や日当たれる

鍬ごとの上に陰ある小春かな

むくむくと厚着の人や門小春

燠入れていぶる炬燵や小六月

落葉掃いて土に見出でし小草かな

時雨るるや松にこぞれる浜烏

時雨るゝや石に草生ふ三名川

日当たるや枯野にひゞく海の音

帆消えて藺田に日あたる枯野かな

提灯に浪おそろしや浦千鳥

月の雪松をこぼるる千鳥かな

月天に光れる星や浦千鳥

林檣に月夜烏や遠千鳥

ランプ釣つて炬燵へだてゝ友うれし

わが足袋やいさゝか古りて好もしき

松林にまた朋追へり寒鴉

山茶花の落花とをどるかな

あひあうて提灯明かし雪の原

雪の日や軒に塵見る唐辛子

提灯の出で来る門の深雪かな

ぶらさげて鴨売る辻や年の市

煤掃や朝日差し込む港口

煤掃の二階障子や屋根の上

傘さして足袋いたましき落葉かな

きぬぎぬの眼を落としたる火鉢かな