和歌と俳句

一葉
かしの実も共にまじりて山かげの庭の小ざさに降る霰かな

呉竹の奥に音あるあられ哉 子規

すさましや釣鐘撲つて飛ぶ霰 漱石

大粒な霰にあひぬうつの山 漱石

御天守の鯱いかめしき霰かな 漱石

したたかに饅頭笠の霰哉 漱石

我善坊に車引き入れふる霰 碧梧桐

打返し藁干す時の霰かな 碧梧桐

晶子
四条橋おしろい厚き舞姫のぬかささやかに撲つ夕あられ

金華山志せば冬になる霰 碧梧桐

カラカラな藻草に溜る霰かな 碧梧桐

帆渡りの島山颪霰かな 碧梧桐

海静かなるに石切る音や霰降る 碧梧桐

晶子
つつましき冬の心に手をのべぬ共に遊べと朝の霰は

山茶花の落花とをどる霰かな 石鼎

氷上に霰こぼして月夜かな 亞浪

揚舟や枯藻にまろぶ玉あられ 蛇笏

白秋
父母と 摘みてそろへし 棕梠の葉に 霰たまれり 米の粒ほど

白秋
父母と 今朝もたばしる 白玉の 霰のさやぎ 見るが幽けさ

夕空の浅黄に松の霰かな 石鼎

枯草に日の当り来し霰かな 石鼎

霰やんで日当る蘆や沼の面 石鼎

枳殻垣上溜りして夕霰 石鼎

寒む霰雲と天との虚空より 石鼎

菊の紅かすかに月の霰かな 石鼎

日の子われ日の下にして玉霰 石鼎

枝の鴉があと啼きたる霰かな 石鼎

日ざし来て光り落ちたる霰かな 石鼎

岩襞にすこしたまりて霰かな 泊雲

大杉に添ひ降る霰見上げゝり 石鼎

ゆづり葉の美事にたれて霰かな 石鼎

藁屑のほのぼのとして夕霰 石鼎

枯むぐら掻いくゞり落つ霰かな 青邨