和歌と俳句

夏目漱石

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

星一つ見えて寐られぬ霜夜

の朝袂時計のとまりけり

木枯の今や吹くとも散る葉なし

塵も積れ払子ふらりと冬籠

四壁立つらんぷ許りの

凩の上に物なき月夜哉

や真赤になつて仁王尊

初雪や庫裏は真鴨をたたく音

市中は人様 々の師走

我背戸の蜜柑も今や神無月

芭蕉忌や茶の花折つて奉る

本堂へ橋をかけたり石蕗の花

橋立の一筋長き小春かな

武蔵下総山なき国の小春

初雪や小路へ入る納豆売

御手洗を敲いて砕くかな

寒き夜や馬は頻りに羽目を蹴る

酒菰の泥に氷るや石蕗の花

すさましや釣鐘撲つて飛ぶ

昨日しぐれ今日又しぐれ行く木曽路

枯柳緑なる頃妹逝けり

枯蓮を被むつて浮きし小鴨

京や如何に里は雪積む峰もあり

女の子発句を習ふ小春

一輪は命短し帰花