和歌と俳句

夏目漱石

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

つくばいに散る山茶花の氷りけり

鳥飛んで夕日に動く冬木かな

船火事や数をつくして鳴く千鳥

壇築て北斗祭るや剣の霜

つい立ての龍蟠まる寒さかな

廻廊に吹きこむ海の吹雪かな

物言はで腹ふくれたる河豚かな

初冬や向上の一路まだ開かず

や海に夕日を吹き落す

ぱちぱちと枯葉焚くなり薬師堂

謡ふべきほどは時雨つ羅生門

銀屏を後りにしたり水仙花

水仙や根岸に住んで薄氷

村長の羽織短き寒哉

の松はねぢれつ岡の上

野を行けば寒がる吾を風が吹く

夕日逐ふ乗合馬車の かな

雪ながら書院あけたる牡丹哉

雑炊や古き茶椀に冬籠

行年を家賃上げたり麹町

行年を妻炊ぎけり粟の飯

機械湯の石炭臭しむら時雨

酔て叩く門や師走の月の影

貧にして住持去るなり石蕗の花

しぐれ候ほどに宿につきて候