俊頼
夜を寒み 結ぶ氷や 水鳥の かづく岩間の 関となるらむ

俊頼
せきりせし 眞野のなからは こほりゐて いくひに波の こゑ絶えにけり

俊頼
眞野の池に こほりしぬれば 葦間なる 橋もたづねて 島つたひしつ

俊頼
飛鳥川 淵は氷に 閉じられて いかで風にも なりかはるべき

千載集 左大弁親宗
いづくにか月はひかりをとどむらんやどりし水もこほりゐにけり

千載集 藤原成家朝臣
冬来ればゆくてに人は汲まねどもこほりぞむすぶ山の井の水

千載集 道因法師
月のすむ空には雲もなかりけり映りし水はこほりへだてて

定家
なには江の氷にとづるみをつくし冬の深さのしるしとぞ見る

氷苦く偃鼠が咽をうるほせり 芭蕉

瓶破るるよるの氷の寐覚哉 芭蕉

一露もこぼさぬ菊の氷かな 芭蕉

あぢきなき果を添水のこほり哉 青蘿

わらんべは目がねにしたる氷かな 一茶

手拭のねぢつたままの氷哉 一茶

本馬のしやんしやん渡る氷哉 一茶

古濠の小鴨も居らぬ氷かな 子規

人住まぬ屋敷の池の氷かな 子規

鶺鴒の刈株つたふ氷かな 子規

暁の氷すり砕く硯かな 子規

御手洗を敲いて砕く氷かな 漱石

梯して上る大磐石の氷かな 漱石

石打てばかららんと鳴る氷哉 漱石

火の映る北上氷りそめにけり 碧梧桐

山の池の緑に薄き氷かな 碧梧桐

氷ちらと光る溝あり月の街 石鼎

紫に蜆のつるゝ氷かな 喜舟

岸ほどに枯蓮しげき氷かな 石鼎

烈風に松もまれゐる氷かな 石鼎

重ねある鉢の氷や枯木下 石鼎

紫に走り裂けたる氷かな 青邨

薔薇色の空に鐘なる氷かな 茅舎

空谷のわれから裂くる氷かな 普羅

城壁のくづれんとして氷かな 波郷

厚氷妻の非力を刎ねかへす 草城

病み倦めば煤の降りゐる氷かな 波郷

美しき木の葉を閉ぢし氷かな みどり女

カナリヤの声がよすぎて氷張る 不死男

立冬 初冬 神無月  初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 雪明り 氷柱 寒菊 水仙
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内