和歌と俳句

志賀

滋賀県大津市

古集
ちはやぶる鐘の岬を過ぎぬとも我れは忘れじ志賀の統め神

古集
志賀の海人の釣舟の網堪へなくも心に思ひて出でて来にけり

古集
志賀の海人の塩焼く煙風をいたみ立ちは上らず山にたなびく

古歌集
楽浪の志賀津の海人は我れなしに潜きはなせそ波立たずとも

置始東人
楽浪の志賀さざれ波しくしくに常にと君が思ほせりける

人麻呂
楽浪の志賀津の子らが罷り道の川瀬の道を見れば寂しも


拾遺集・哀傷 公任
さゞなみや志賀の浦風いか許心の内の涼かるらん

後拾遺集・冬 快覚法師
小夜更くるままに汀や氷るらん遠ざかり行く志賀の浦浪

後拾遺集・恋 前大納言経輔
恋ひしさも忘れやはするなかなかに心さわがす志賀の浦浪

公実
志賀の浦の 松吹く風の さびしきに ゆふなみ千鳥 たちゐ鳴くなり

顕季
ゆふづくよ むすぶ泉も なけれども 志賀の浦風 涼しかりけり

源顕仲
まだ知らぬ 人とともにぞ 越えにける 志賀の山路の 跡もなけれど

京極関白家肥後
みねつづき はなにこころの とまりつつ ゆきもやられず しがのやまこえ

千載集 よみ人しらず (平忠度)
さざ波や志賀の都は荒れにしをむかしながらの山ざくらかな

千載集 祝部成仲
さざ波や志賀の花園見るたびにむかしの人の心をぞ知る

千載集 良経
桜さく比良の山風ふくまゝに花になりゆく志賀の浦波

千載集・秋 太宰大弐重家
遠ざかる音はせねども清みこほりと見ゆる志賀の浦波

千載集・雑歌 藤原実行
きのふまでみたらし川にせしみそぎ志賀の浦浪たちぞかはれる

千載集・雑歌 式子内親王
みたらしや影絶えはつる心地して志賀の波路に袖ぞ濡れにし

新古今集・冬 家隆
志賀の浦や遠ざかりゆく波間より氷りて出づるありあけの月

頼政
冴ゆる夜は 遠ざかりゆく 志賀の浦の 波のこなたに 千鳥なくなり

俊成
照る月も光をしへていゆるかな玉よせ返す志賀の浦波

俊成
相坂をこえてしもこそなかなかにしがの浦波そでにかけけれ

寂蓮
鹿のねを おくる長等の 山風を 稲葉にきくや 志賀の里人

寂蓮
鹿のねを 稲葉の風に つたへきて よをうらみたる 志賀の里人

寂蓮
志賀の浦や けふたちかへる 春風に こほらぬ波も 遠ざかるなり

寂蓮
志賀の浦や つりするあまの 袖さえて かへる波路に こほりしにけり

寂蓮
夜を寒み みぎはの氷 一重づつ 重ねてかへる 志賀の浦波

定家
雪とちる比良のたかねの桜花猶ふきかへせ志賀の浦かぜ

定家
さざなみや志賀のうらぢの朝霧に真帆にも見えぬ沖の友舟

俊成
さざなみや志賀の濱松ふりにけり誰が世にひける子の日なるらむ

定家
あられふるしがの山地に風こえて峯にふきまくうらのさざなみ

定家
山人の ひかりたづねし 跡やこれ み雪さえたる 志賀のあけぼの

良経
波ぞ寄るさてもみるめは無きものを浦みなれたる志賀の里人

良経
残りける都の春の光かな昔語りの志賀のはなぞの

定家
氷とく 春の初かぜ 立ちぬらし かすみにかへる 志賀の浦波

慈円
よはにくる かりの涙や 露ならむ 今朝はうつろふ 志賀のはなぞの

良経
あすよりは 志賀のはなぞの 稀にだに 誰かは訪はむ 春のふるさと

定家
けふぞとふ しがつのあまの 住む里を うぐひすさそふ はなのしるべに

雅経
かすみゆく ままに汀や へだつらむ また遠ざかる 志賀のうらなみ

雅経
ふりにける あとともけさは 見えぬかな 志賀のみやこの のはなぞの

雅経
こほり解く おきつ春風 吹きぬらし 汀にかへる 志賀のうらなみ

俊成
山の井を掬びて夏は暮れぬべし秋やたちなむ志賀の浦浪

俊成
君が代を日吉の神に祈りおけば千歳の數や志賀の浦波

良経
わがおもふ 心やゆきて かすむらむ 志賀のあたりの 春のけしきに

良経
志賀の浦のさざなみしらむ霧のうちにほのぼのいづる沖のとも舟

良経
志賀の浦の汀ばかりは氷にて鳰てる月を寄する白波

雅経
雲のいろも おなしながらの 山桜 かすみぞ志賀の 春のあけぼの

良経
かはらじな志賀の都のしかすがに今も昔の春のはなぞの

定家
しがの浦やこほりも幾重ゐる田鶴の霜の上毛に雪はふりつつ

定家
鏡山夜わたる月もみがかれてあくれどこほるしがのうら波

定家
さざなみや志賀の花園かすむ日のあかぬ匂ひにうら風ぞふく

実朝
里はあれぬ志賀の花園そのかみの昔の春やこひしかるらむ

実朝
やまかぜのかすみふきまきちる花のみだれてみゆる志賀の浦波

実朝
ささなみや志賀のみやこの花盛り風よりさきにとはましものを

定家
朝ぼらけみるめなぎさの八重霞えやは吹きとく志賀の浦かな


芭蕉
少将のあまの咄や志賀の

蕪村
瀬田降て志賀の夕日や江鮭

子規
志賀の浦やあしべの宿の涼しきはひらの根おろし秋や立らん

一葉
さざ波やしがの都のいにしへのおもかげうすく立つかな

蛇笏
浪際や茶の花咲ける志賀の里