和歌と俳句

唐崎

滋賀県大津市下坂本町

万葉集 舎人吉年
やすみしし我ご大君の大御船待ちか恋ふらむ志賀の唐崎

人麻呂
楽浪の志賀の唐崎幸くあれど大宮人の舟待ちかねつ

天地を嘆き祈ひ祷み幸くあらばまたかへり見む志賀の唐崎


新勅撰集・雑歌 清原元輔
からさきの はまのまさごの 尽くるまで はるのなごりは ひさしからなん

拾遺集・神楽歌 平祐挙
禊するけふ唐崎におろすあみは神のうけひくしるしなりけり

詞花集・春 匡房
こほりゐし志賀の唐崎うちとけてさざ波よする春風ぞふく

千載集・秋 藤原顕家
月かげは消えぬこほりと見えながらさざ波寄する志賀の唐崎

千載集・神祇 法橋性憲
いつとなく鷲の高嶺にすむ月のひかりをやどす志賀の唐崎

頼政
浦風の 吹上にたてる 涼しさに 秋かとぞ思ふ 志賀の唐崎

西行
風さえて寄すればやがて氷つつかへる波なき志賀の唐崎

良経
唐崎や春のさざなみうちとけて霞を流す志賀の山風

良経
唐崎やにほ照る沖に雲消えて月のこほりに秋風ぞ吹く

芭蕉
辛崎の松は花よりにて

其角
唐崎へ雀のこもる秋のくれ

北枝
唐崎の鮒煮るの月見哉

涼菟
唐崎のかたへ目のゆく

涼菟
唐崎のかたへしぐれて行人か

千代女
唐崎や露につゆ置けさの秋

暁台
唐崎の松に日ざしや秋の雨


鞍馬嶺ゆゆふだつ雨の過ぎしかばいまか降るらし滋賀の唐崎

碧梧桐
唐崎の吹きさらし畑の柳枯る 

尾崎迷堂
唐崎やの籬の舟繋ぎ


近江 伊吹山 余呉のうみ 比良山 大津 堅田 眞野 志賀 打出の浜 三井寺 長等山 逢坂山 石山 瀬田 比叡山 延暦寺 横川 琵琶湖 鏡山
衣笠岡 由良 井手 天の橋立 泉川 徒し野 大井川 桂川 清滝川 嵯峨 小倉山 嵐山 大江山 音羽山 大原 糺すの森 比叡山 白河 鞍馬 賀茂川 鳥辺山 岩田の森 深草 伏見 宇治 宇治川 柞の森 甕の原