和歌と俳句

清原元輔

詞花集・賀
松嶋の磯にむれゐる葦鶴のをのがさまざま見えし千代かな

詞花集・恋
夜をふかみ帰りし空もなかりしをいづくより置く露にぬれけむ

詞花集・恋
うきながらさすがにものの悲しきは今は限りと思ふなりけり

詞花集・雑
老いてのち昔をしのぶ涙こそここら人目をしのばざりけれ

詞花集・雑
生ひたたで 枯れぬとききし このもとの いかでなげきの 森となるらむ

詞花集・雑
けふよりは 天の河霧 たちわかれ いかなる空に あはむとすらむ

新古今集・冬
冬を浅みまだき時雨とおもひしを堪へざりけりな老の涙も

新古今集・恋
匂ふらむ霞のうちのさくら花おもひやりても惜しき春かな

新古今集・恋
大井川ゐせきの水のわくらばに今日とたのめし暮にやはあらぬ

新古今集・雑歌
憂しといひて世をひたぶるに背かねば物おもひ知らぬ身とやなりなむ

新勅撰集・賀
わがやどの ちよのかはたけ ふしとほみ さもゆくすゑの はるかなるかな

新勅撰集・賀
わがやどの きくのしらつゆ よろづよの あきのためしに おきてこそ見め

新勅撰集・雑歌
からさきの はまのまさごの 尽くるまで はるのなごりは ひさしからなん

続後撰集・恋
あふことの しばしもふれば あは雪の つもる思ひに 消えぞしぬべき