和歌と俳句

平定文

古今集・秋
花にあかでなに帰るらん 女郎花おほかる野べにねなましものを

古今集・秋
今よりはうゑてだにみじ 花すすき ほにいづる秋はわびしかりけり

古今集・秋
秋をおきて時こそありけれ 菊の花 移ろふからに色のまされば

古今集・恋
白川の知らずともいはじ 底きよみ流れて世世にすまむと思へば

古今集・恋
枕より又しる人もなき恋を 涙せきあへずもらしつるかな

古今集・恋
秋風の吹きうらかへすくずの葉の うらみてもなほうらめしきかな

古今集・雑歌
うき世には門させりとも見えなくに などかわが身のいでがてにする

古今集・雑歌
ありはてぬ命まつまのほどばかり うき事しげく思はずもがな

古今集・雑躰
春の野のしげき草葉の妻恋ひに 飛び立つ雉のほろろとぞなく

後撰集・恋
浅してふ事をゆゆしみ山の井はほりし濁に影は見えぬぞ

後撰集・恋
君を思ふ深さくらべに津の國のほり江見にゆく我にやはあらぬ

後撰集・恋
我のみや燃えて消えなん世とともに思ひもならぬ富士のねのごと

後撰集・恋
何事を今はたのまむちはやふる神もたすけぬわが身なりけり

後撰集・恋
濱千鳥たのむをしれど踏みそむる跡うち消つな我を越す浪

後撰集・恋
昔せしわがかね事の悲しきはいかに契りしなごりなるらむ

拾遺集・雑歌
うき世にはかとさせりとも見えなくになとかわが身のいてかてにする

拾遺集・雑秋
水のあやをおりたちてきむぬぎちらしたなばたつめに衣かすよは

拾遺集・雑賀
ひきよせはただにはよらで春駒の綱引するぞなはたつときく

拾遺集・雑恋
いなり山社の數を人とはばつれなき人をみつとこたへむ

拾遺集・哀傷
思ふよりいふはおろかになりぬればたとへていはん言の葉ぞなき