和歌と俳句

西園寺実氏

新勅撰集・春
うちはへて 世は春ならし ふくかぜも えだをならさぬ あをやぎのいと

新勅撰集・春
さもこそは はるのさくらの いろならめ うつりやすくも ゆくつきひかな

新勅撰集・春
けふのみと をしむこころも つきはてぬ ゆふぐれかぎる はるのわかれに

新勅撰集・秋
あまつかぜ そらふきまよふ ゆふぐれの くものけしきに あきはきにけり

新勅撰集・秋
みなせがは あきゆくみづの いろぞこき のこるやまなく しぐれふるらし

新勅撰集・冬
しがの浦や こほりのひまを ゆくふねに なみもみちある よとやみるらん

新勅撰集・冬
あらはれて としあるみ世の しるしにや のにもやまにも つもるしらゆき

新勅撰集・賀
み田やもり いそぐさなへに おなじくは ちよのかずとれ わがきみのため

新勅撰集・恋
なほざりの そでのわかれの ひとことを はかなくたのむ けふのくれかな

新勅撰集・恋
もろびとの そでまでそめよ たつたひめ よそのちしほを たぐひとも見む

新勅撰集・恋
いかさまに ちぎりおきてし みかさやま かげなびくまで つきをみるらん

新勅撰集・恋
こころこそ うきよのほかに いでぬとも みやこをたびと いつならふらん

新勅撰集・雑歌
しらたまは からくれなゐに うつろひぬ こずゑもしらぬ そでのしぐれに

新勅撰集・雑歌
なごりなき けふはきのふを しのべども たつおもかげは はつるひもなし

新勅撰集・雑歌
ふきそむる おとだにかはれ やましろの ときはのもりの あきのはつかぜ

新勅撰集・雑歌
ゆふなぎに あかしのとより 見わたせば やまとしまねを いづる月かげ

続後撰集・春
わけゆけば それともみえず あさぼらけ とほきぞ春の かすみなりける

続後撰集・春
いろいろに こりさくにはの 梅の花 いくよのはるを にほひきぬらむ

続後撰集・春
たがために こし雁がねと きかねども 帰るはつらき 春のわかれ路

続後撰集・春
をさまれる みよのしるしと 山里に 心のどけき を見るかな

続後撰集・春
いまもまた 花をし見れば いにしへの 人の心ぞ 身にしられける

続後撰集・春
かざしては かくるる老と しりながら 手折るは惜しき 山桜かな

続後撰集・春
やまざくら 空さへにほふ 雲間より かすみて残る ありあけの月

続後撰集・夏
ほととぎす たづねにきつる 山里の まつにかひある 初音をぞきく

続後撰集・夏
露むすぶ まがきにふかき 夏草の 何ともなしに ことしげの身や

続後撰集・秋
おくつゆも あはれはかけよ 春日野に 残る古枝の 秋萩の花

続後撰集・秋
天つ空 清きゆふべの 秋風に 山の端のぼる 月を見るかな

続後撰集・秋
虫のねも うらがれそむる あさぢふに 影さへよわる ありあけの月

続後撰集・冬
わがやどは 今朝ふるに うづもれて 松だに風の おとづれもせず

続後撰集・神祇
あきつはの すがたの国に 跡たれし 神のまもりや わが君のため

続後撰集・神祇
神路山 さこそこの世を てらすらめ くもらぬ空に すめる月影

続後撰集・神祇
さかのぼる かものは河の そのかみを 思へば久し 世々の瑞垣

続後撰集・神祇
松がねに 浪こす浦の 宮所 いつすみよしと 跡をたれけむ

続後撰集・神祇
年をへて また逢ひみける 契をも 結びや置きし 岩代の松

続後撰集・釈経
はれやらぬ 心の月も 雲間より このあかつきぞ すみまさりける

続後撰集・釈経
しらいしの たまての水を 手にくみて むすぶちぎりの 末はにごらじ

続後撰集・釈経
いまさらに たもたば玉と なりななむ 難波の寺の 人わすれかひ

続後撰集・恋
あま小舟 よる方もなし 涙川 袖の湊は 名のみさわげど

続後撰集・恋
夢にだに 通ひし中も たえはてぬ 見しやその夜の ままの継橋

続後撰集・恋
夕されば あまつ空なる 秋風に ゆくへもしらぬ 人を恋ひつつ