古今集 躬恒
花みれば心さへにぞうつりける色にはいでじ人もこそ知れ

古今集 小野小町
花の色はうつりにけりな いたづらに 我が身世にふるながめせしまに

赤染衛門
去年の春ちりにし花もさきにけりあはれ別れのかからましかば

俊成
いかばかり花をば春も惜しむらむかつはわが身の限りとおもひて

俊成
あぢきなやなにとて花の惜しからむわが身は春のよそなるものを

千載集 上西門院兵衛
花の色にひかりさしそふ春の夜ぞ木の間の月は見るべかりける

千載集 太宰大弐重家
初瀬の花のさかりを見わたせば霞にまがふ峯の白雲

千載集 藤原範綱
さざ波や長等の山の峯つづき見せばや人に花のさかりを

千載集 俊成
み吉野の花のさかりをけふ見れば越の白根に春風ぞ吹く

新古今集・雑歌 俊成
今はわれ吉野の山の花をこそ宿のものとも見るべかりけれ

新古今集・雑歌 俊成
春来れば猶この世こそしのばるれいつかはかかる花を見るべき

新古今集・雑歌 俊成
照る月も雲のよそにぞ行きめぐる花ぞこの世の光なりける

西行
ねがはくは花の下にて春死なんそのきさらぎの望月の頃

西行
散ると見ればまた咲く花のにほひにも遅れ先立つためしありけり

定家
花ゆゑに春はうき世ぞをしまるるおなじ山地にふみまよへども

定家
梓弓はるは山地もほどぞなき花のにほひをたづねいるとて

定家
年をへておなじこずゑにさく花のなどためしなきにほひなるらむ

定家
吉野山くもに心のかかるより花のころとはそらにしるしも

新古今集 定家
白雲の春はかさねてたつた山をぐらのみねに花にほふらし

俊成
いくとせの春に心をつくし来ぬあはれとおもへみ吉野の花

定家
花ざかり空にしられぬ白雲はたなびきのこすやまのはもなし

定家
おくあみの霞を結ぶはる風になみのかざしのはなぞさきそふ

定家
尋ね見る花の處もかはりけり身はいたづらのながめせしまに

定家
雲のうへ近きまもりに立ちなれし御階の花のかげぞこひしき

定家
玉きはるうき世忘れて咲く花の散らずば千代も野邊のもろびと

初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 花の雲 花曇 花見 遅桜 春の海 桜鯛 汐干 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 雀の子 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内