木蓮

晶子
わかき小指胡紛をとくにまどひあり夕ぐれ寒き木蓮の花

晶子
春はただ盃にこそ注ぐべけれ智慧あり顔の木蓮の花

晶子
木蓮の落花ひろひてみほとけの指とおもひぬ十二の智円

木蓮の花許りなる空を瞻る 漱石

晶子
高き屋に朝々のぼり遠かたの木蓮の花見る日となりぬ

晶子
病ゆゑ身のおとろへて見る夢と白さの似たる木蓮の花

木蓮は飛ぶ帆の如く散りにけり 喜舟

子と遊ぶうらら木蓮数へては 山頭火

木蓮に夢の様なる小雨哉 漱石

絵本見てある子も睡げ木蓮ほろろ散る 山頭火

白秋
白木蓮の花の木の間に飛ぶ雀遠くは行かね声の寂しさ

白秋
白木蓮の花のあなたに動く煙むらさきふかし今日も去ぬるか

晶子
おほらかに此処を楽土となす如し白木蓮の高き一もと

高々と雨意の木蓮崩れけり 草城

木蓮の吹かれ吹かれてかがやける 草城

木蓮の軒くらきまで咲きにけり 石鼎

白木蓮に声を呑んだる雀かな 龍之介

塀の内の木蓮高し散るを見る 喜舟

晶子
何ごとに物ごりしたるかたくなに縦に咲きたる木蓮の花

木蓮の二つに折れし花辮かな 素十

木蓮を打つほどもなく雹晴れぬ 秋櫻子

木蓮にふる煤足やゆるみつゝ 爽雨

咲ききりし白木蓮の揺ぎかな 立子

木蓮の花のなげきはただ高く 草田男

絶え間なき雨木蓮の花に沁むや 草田男

木蓮のはつきり白し雨曇 草城

木蓮の一ひら風に動くかな 石鼎

木蓮の落ちくだけあり寂光土 茅舎

春の日 日永 遅日 麗らか 長閑 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 朧月 花の雲 花見 遅桜 春の海 春の潮 桜鯛 汐干 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 雀の子 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花 行く春 暮春 春惜しむ
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図