人麻呂
見わたせば春日の野辺に霞たち咲きにほへるは桜花かも

家持
山峡に咲ける桜をただ一目君に見せてば何をか思はむ

大伴池主
桜花今ぞ盛りと人は言へど我れは寂しも君としあらねば

家持
我が背子が古き垣内の櫻花いまだふふめり一目見に来ね

家持
今日のためと思ひて標めしあしひきの峰の上の櫻かく咲きにけり

家持
櫻花今盛りなり難波の海おしてる宮にきこしめすなへ

家持
立田山見つつ越え来し櫻花散りか過ぎなむ我が帰るとに


業平(伊勢物語・八十二)
世の中にたえてさくらのなかりせば春の心はのどけからまし

伊勢物語・八十二
散ればこそいとゞ櫻はめでたけれうき世になにか久しかるべき

素性法師
見てのみや人にかたらむ桜花手ごとに折りて家づとにせん

友則
み吉野の山べにさけるさくら花雪かとのみぞあやまたれける

古今集 貫之
ことしより春知りそむる桜花ちるといふ事はならはざらなん

古今集 貫之
一目見し君もやくると櫻花けふは待ちみてちらばちらなん

古今集 貫之
ことならばさかずやはあらぬ櫻花みる我さへにしづ心なし

古今集 貫之
櫻花とくちりぬともおもほえず人の心ぞ風もふきあへぬ

古今集 躬恒
雪とのみふるだにあるを桜花いかにちれとか 風のふくらん

古今集 貫之
さくら花ちりぬる風のなごりには水なきそらに浪ぞたちける

貫之
白雲と見えつる物を桜花今日は散るとや色異になる

貫之
桜散る木の下風は寒からで空に知られぬ雪ぞ降りける

古今集 伊勢
さくら花春くははれる年だにも人の心にあかれやはせぬ

古今集 伊勢
見る人もなき山ざとのさくら花外のちりなん後ぞさかまし

古今集・雑春 躬恒
さかざらむ物とはなしにさくら花おもかげにのみまだき見ゆらん

古今集・雑春 躬恒
さくら花わがやどにのみありと見ばなきものくさはおもはざらまし

後撰集 遍昭
いその神ふるの山べの桜花うへけむ時を知る人ぞなき

後撰集 素性
山守はいはばいはなん高砂のをのへの桜折りてかざさむ

後撰集 是則
桜花けふよく見てむくれ竹のひとよのほどに散りもこそすれ

後撰集 道真
さくら花主をわすれぬ物ならば吹き来む風に事づてはせよ

後撰集 よみ人しらず
わがやどの桜の色はうすくとも花のさかりはきてもをらなむ

後撰集拾遺集・雑春 貫之
ひさしかれあだに散るなと桜花かめにさせれどうつろひにけり

後撰集 返し 中務
千世ふべきかめにさせれど桜花とまらん事は常にやはあらぬ

春の日 日永 遅日 麗らか 長閑 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 春暁 春昼 春の夕 春の暮 春の宵 春の夜 春の月 朧月 蝌蚪   花見 遅桜 春の海 桜鯛 汐干 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花
お得区案内図