和歌と俳句

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

騒人の反吐も暮れ行く桜かな 普羅

夢で逢ひし人に逢ひたる桜かな 喜舟

千社札貼る楼門の桜哉 漱石

晶子
散らす時桜はあまりましろしと寒げに云へる夕ぐれの風

晶子
大ぞらの灰がかりたる下に散る身も世もあらずかなしき桜

蜑が家の桜に居りし烏かな 石鼎

宝寺の隣に住んで桜哉 漱石

晶子
うら淋し雨だれほどのひまおきて桜ちるなり今日を初めに

二人が引越す家の図かき上野の桜 碧梧桐

ゆうべねむれず子に朝の桜見せ 碧梧桐

君を待たしたよ桜ちる中をあるく 碧梧桐

兵営のラッパ鳴るなりさくら散るなり 山頭火

遅月のほのぼのとして桜かな 石鼎

山風に杉もまれゐる桜かな 石鼎

松風に吹かれて白き櫻かな 草城

月うらとなりて明るき桜かな 石鼎

ニコライの鐘が鳴り出す櫻かな 茅舎

垂れ枝をしごいて吹ける桜かな 風生

葛城の神雹降らす桜かな 喜舟

僧正の齢知れざる桜かな 喜舟

山めぐりやめて雨聴く桜かな 水巴

さみどりにくれゆく空の桜かな 石鼎

ちらちらと老木桜のふぶきかな 青畝

風むきの今日藪へ散る桜かな 石鼎

人々のひだるうさくらちりくる阪下りてゆく 碧梧桐

石垣の上のまがきの桜かな 石鼎

ゆふ風の俄に寒き桜かな 石鼎

草原の軍楽隊や桜咲く かな女

宵浅くふりいでし雨のさくらかな 万太郎