和歌と俳句

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

婦長来て瓶の櫻をなほし行き 虚子

女の童しくしく泣けり夕ざくら 草城

八重桜日輪すこしあつきかな 誓子

大仏殿いでて桜にあたたまる 三鬼

竹むらにさき満つ櫻ちりそむる 蛇笏

さきそめし雲閧フさくらやや遅き 蛇笏

あまぐものまだ退き切らぬ櫻かな 万太郎

花ざくら爛漫として人飢うる 草城

桜咲きらんまんとしてさびしかる 綾子

ときをりの風のつめたき櫻かな 万太郎

かまくらによひどれおほき櫻かな 万太郎

朝櫻揺らぎ天龍ながれたり 秋櫻子

暗闇に海あり桜咲きつつあり 三鬼

山間の小駅の桜咲くといふ 綾子

帰るべき細道見えて夕櫻 汀女

うづたかき処女の膝置く桜の園 静塔

硝子器を清潔にしてさくら時 綾子

咲き倦みし枝さしかはす櫻かな 万太郎

足濡れてゐれば悲しき桜かな 多佳子

過去は切れ切れ桜は房のまま落ちて 多佳子

もぬけ倉小花いつぱい痩せ桜 草田男

爪とぐ猫幹ひえびえと桜咲く 三鬼

生いつまで桜をもつて日を裏む 多佳子

松蔭に咲き拡がりし大桜 虚子

世も明治人も明治のさくらかな 万太郎

見ゆるかと坐れば見ゆる遠櫻 草城

炊煙がいま棒立ちに桜の上 静塔

咲き満ちて櫻撓めり那智の神 秋櫻子

八重桜湯へ行く人の既に潔し 草田男

幹そひに蚊ばしら一縷夕さくら 爽雨

聞くだに愉し櫻の木立花満つと 草城

子を追いて駆け抜ける犬夕桜 三鬼

さくら照る食へざるの弁流麗に 不死男

雲曳きて峯越しの櫻ちるはなし 蛇笏

漕艇のきらと一文字八重櫻 汀女

さくら満ち一片をだに放下せず 誓子

風死して翼休める谷桜 不死男

朝櫻軸をあまさずマッチ燃ゆ 林火

桜満開雪折れの枝のまま 誓子

舞殿が遠く群集のさくらかな 虚子

はんてんの襟冷ゆるなり朝ざくら 万太郎

燈台は光の館桜の夜 誓子

みづからの桜照らさず燈台は 誓子

高遠は絵島の寺の櫻かな 万太郎

雪の嶺のまだゆるぎなき櫻かな 万太郎

おとろへて生あざやかや桜八重 多佳子

雄鶏をとばす薪棚朝ざくら 静塔

さくら咲き紐なし靴のおひきづり 静塔