和歌と俳句

山口誓子

雪に埋れし待避線掘り出さず

白魚火岸の燈明くなりし代に

降る雪に日輪小さきスキー場

寒風砂丘今日見る今日のかたち

漉紙の悪しきは一指以て消す

薪能火の粉ついつい火を離る

耐忍の看衆吾も薪能

正月の服着崩れし紋の位置

遅日にて廃龍骨のさらに朽つ

四国霞めり光達を確むる

燈台は光の館の夜

燈台より光駈け出す桜の夜

みづからの照らさず燈台は

矢車が遠く慈光を撒き散らす

虎杖は城塁の花石の花

の環に白雲を容れ通らしめ

きれはしのを馬籠の天に拾ふ

夏の夜の船より海へ片手出す

夏の夜の航水棄てし重き音

夏の夜半銅製錬の火の島よ

青山を逆撫での風愛撫の風

吉野鍾乳洞を匐うて出る

米負うて高きへ帰る夏の暮

谿に恋恋桟道の登山道