和歌と俳句

山口誓子

南北の夜の通風に祇園囃子

高鉾に揺れつつ笛を吹きやめず

長刀鉾刃に空を截りすすむ

ぎしぎしと船鉾軋む陸行きて

地を歩く鉾の高きにゐし人等

鉾下りて歩み来れる稚児に会ふ

登山バス出づることなき雲に入る

山小屋に寝る二本脚ズボン穿き

夜が明ける濃霧乗鞍依然として

乗鞍の諸嶽ずつぷり霧浸し

双頭の嶽その間を霧通る

雪渓はなだれて吾にとどまれる

完全に吾がもの雪渓真正面

秋晴の赤崖赤を憚らず

秋晴に口開けヨハネカレー市民

川施餓鬼青黛稚児と同舟して

施餓鬼川水晶の数珠ばらけ散る

施餓鬼川死霊は生者より多し

白きもの月輪となる川施餓鬼

ひぐらしの鳴く白川へ入り行かず

蟷螂のずしんと降りし砂の庭

皮椅子の背擦れや冬の美術館

劇中の寒夜水銀剥げ鏡

吾が汽車を見送る寒鴉身を廻し

冬河に新聞全紙浸り浮く