和歌と俳句

山口誓子

秋の海深きところを覗き過ぐ

燈籠は油火なれど宙照らす

高野より雲加はりて鰯雲

下り簗だだ漏れ熊野川通る

水に筋金下り簗経たる後

運動会庭の平を天に向け

遺影に菊吾は生きて飯を食ふ

薪を積む密教の冬寒からむ

船衝る寒き筏にごつごつと

負傷ラガー地面にしばし忘れられ

万燈の列の中途に立ちどまる

万燈を行く階あれば降り行きて

万燈の最後春日の常夜燈

おうおうと男掛声都踊

電線はかすか新燕とまる他

藤の花真下に落ちて岸に寄る

売る花の如く紫雲英を束ね置く

指を入る蘭鋳の頭に触るるまで

平遠をなす宮城の苜蓿

石庭の不可解縁に昼寝の徒

銀のなき銀閣驟雨ひた濡らす