和歌と俳句

山口誓子

手袋の十本の指を深く組めり

手袋の黒と黒衣とただ黒き

雲の端の照りて春日ををらしむる

春暁のひろき渚に流れ寄る

体温計春暁あはき燈によめる

黄熱の海盤車歎けり春昼

この夜月町田のかはづこゑもせぬ

雲隠る日もまぶしくて木々芽ぐむ

炊煙がかしこき松に夏まひる

富める人白き子を愛ほしむ

脈弱く初夏のひかりに堪へゐたり

初夏まぶし読みがたきまで書を白む

後頭にあさより暑き日があたる

蜥蜴出て新しき家の主を眄たり

尾がのこりこの家の蜥蜴かくろはず

土つけし甲虫さへ家に匐ふ

ひとつ蚊帳妻もみとりを終へて寝る

いねながら蚊帳の月光掌にすくふ

蚊帳にさめいきづくまいと愛しめる

照る月を蚊帳のうちなる妻と愛づ

夏の日は白光塵を降らしたまふ

み墓べは松ざわめけり里曲灼く

み墓べの打出の字は甍灼く

灼くる地に蜥蜴はおのれ出て灼くる

青あらし電車の音と家に来る