和歌と俳句

山口誓子

大学生髪油にほはす夏休み

夏休みむかし蒼白の大学生

向日葵に天よりも地の夕焼くる

雲焼けて向日葵のみを昏くせる

病癒え来しはよき日の秋の墓地

墓に向け秋咲く花の環を置ける

秋天に爆音ひびく雲ひとひら

秋の雲天のたむろに寄りあへる

秋の雲つめたき午の牛乳をのむ

秋の雲はてなき瑠璃の天をゆく

秋の雲うすれて天の瑠璃となる

墓地に聞くおるがん天に秋の雲

張れる帆の高低の帆の立ち霧らふ

なけり髭を剃らめと思ふのみ

天に向け享けよとのよき花環

こがらしの夜の岐谷にわれ等住む

もの書きて端近くゐればゆく時雨

寝て聞きし鞭のおとは焚火なり

金色の手提を枯れし園に持つ

凍むあさの臥処を起きて露天なり

天さむく白玉の米を粥に焚く

放浪の焚火を夜の燈となせり

春雪を来し護謨靴に画廊踏む

春日を鉄骨のなかに見て帰る

春の日の晩照のなかになほ勤む

城頭に白藤咲けりすでにこぼれ