和歌と俳句

木枯らし

茂吉
道草のうごくを見れば妙高の山をおろしてこがらし吹きぬ

茂吉
妙高の裾野のなだり音してぞ木枯のかぜひくく過ぎつも

石鼎
木枯や林の底の水に月

不器男
凩や倒れざまにも三つ星座

喜舟
凩や赤城の神は火の中に

喜舟
凩や崖下はよき日向ぼこ

喜舟
凩や漁翁が鯉の美しき

喜舟
凩や築地の内の藪の音

喜舟
凩や里の子遊ぶ九品仏

山頭火
凩に焼かれる魚がうごいてゐる

山頭火
凩に明るく灯して母子です

山頭火
凩のラヂオをりをりきこえる

山頭火
凩、餅がふくれあがる

山頭火
木枯やぼうぼうとしてゐる

山頭火
もう凩の、電燈きえたりついたり

山頭火
凩のふけてゆく澄んでくる心

風生
凩や媼もすなる頬被り

山頭火
木枯の身を責めてなく鴉であるか

茅舎
木枯に真珠の如きまひるかな

誓子
こがらしの夜の岐谷にわれ等住む

茂吉
吹きすさぶ山のこがらし一冬をとほすと思へ堪へがてなくに

素逝
木枯が遠くの森をわたる音

楸邨
紫宸殿何に音ある凩ぞ

楸邨
ふりかぶる一本の木の凩を

月二郎
木枯や古き港の草屋町

万太郎
東京に凩の吹きすさぶかな

楸邨
凩や牛の鼻先向きかはる

多佳子
木枯のひととき夕焼つのり来る

誓子
凩がやや中天を群れて過ぐ

誓子
こがらしや火星高きへなほ登る

虚子
木枯に浅間の煙吹き散るか

誓子
ことごとく木枯去つて陸になし

誓子
海に出て木枯帰るところなし

林火
夕木枯ともれば機械いきいきす

林火
こがらしの樫をとらへしひびきかな

林火
こがらしきく世に背くにはあらねども

林火
こがらしの樫をとらへしひびきかな

楸邨
凩の吹き緊りたる顔に逢ふ

楸邨
凩や空に爆ぜゆく生御魂