和歌と俳句

野村喜舟

担がるゝ熊の四足や冬の空

引くや颪の中にある暮色

神の旅古事記の紙魚の穴よりす

神送る鳥居の上の虚空かな

蝦夷の神雁に乗り来し旅路かな

河豚鍋や炉にかたむきて地獄変

古里の灯とぼし頃の落葉かな

力石落葉の中に据りけり

尻あぶる人山を見る焚火かな

や蔀下ろして山河断つ

山内の杉に吸はるゝ粉雪かな

屋根の石落ちなんとして枯野かな

冬の山篠の刈らるゝ音すなり

紫に蜆のつるゝかな

しゝむらは水火の夢の蒲団かな

石段にたばしる豆や鬼やらひ

欅より雀こぼるゝ寒さかな

鶺鴒の尾に叩かるゝ枯野かな

寒声や口紅黒く頬蒼く

寒声や辰巳といへば橋いつく

草庵に桶を足しけり年の市

房州の波を見に来つ年忘

水鳥や白々明けの尖り浪

酢に逢うて石となりたる海鼠かな

蕭々と星を呼びゐる冬木かな