和歌と俳句

葛飾 かつしか

かつしかに行てきかばや郭公 暁台

葛飾やもわたすわたし守 白雄

かつしかや早乙女がちの渉し舟 一茶

かつしかや月さす家は下水端 一茶

かつしかやなむ廿日月艸の花 一茶

かつしかや鷺が番する土大根 一茶

かつしかや雪隠の中も春のてふ 一茶

かつしかや川むかふから御慶いふ 一茶

左千夫
かつしかや市川あたり松を多み松の林の中に寺あり

左千夫
かつしかや田中にいつく神の森の松をすくなみ宮居さぶしも


葛飾の梅咲く春を見に行かむたどきも知らず一人こもり居

牧水
葛飾の冬田の原の榛の木のくきやかに晴れて日の寒きかも

晶子
菜の花がところどころを巻絵してかつ淋しけれ葛飾の野は

涼しさは葛飾乙女真菰刈る 亜浪

梨咲くと葛飾の野はとの曇り 秋櫻子

葛飾やの籬も水田べり 秋櫻子

葛飾や浮葉のしるきひとの門 秋櫻子

葛飾や水漬きながらも早稲の秋 秋櫻子

葛飾は早稲の香にある良夜かな 秋櫻子

葛飾の花火ときける夜道かな

葛飾の丘がかくれて稲架立ちぬ 秋櫻子

葛飾の大堤防を焼く日かな 素十

夕ぐれの葛飾道の落穂かな 素十

葛飾のの田圃を終列車 茅舎

葛飾にわが啓蟄の旅了る 楸邨

葛飾の水田かがやき注連作り 青邨

葛飾野蘆火は燃ゆる人ありてか 青邨

葛飾に歳時記を閉づ野火煙 波郷