花火

人声を風の吹とる花火かな 涼菟

もの焚て花火に遠きかがり舟 蕪村

花火せよ淀の御茶屋の夕月夜 蕪村

花火見えて湊がましき家百戸 蕪村

川面や華火のあとの楫の音 白雄

湖や小一里よ所の花火とぶ 一茶

世につれて花火の玉も大きいぞ 一茶

膝の子や線香花火に手をたたく 一茶

木の末に遠くの花火開きけり 子規

風吹いてかたよる空の花火哉 子規

舟に寐て我にふりかかる花火哉 子規

人かへる花火のあとの暗さ哉 子規

雨雲に入りては開く花火かな 子規

音もなし松の梢の遠花火 子規

両国の花火見て居る上野哉 子規

化学とは花火を造る術ならん 漱石

花火ある夜の闇深し妹が門 万太郎

浦浪も花火も淋し穂葦吹く 万太郎

温泉の村に弘法様の花火かな 漱石

水の上火竜の走る花火かな 鬼城

飄々と西へ吹かるる花火かな 鬼城

青玉のしだれ花火のちりかかり消ゆる途上を君よいそがむ 白秋

幼子や花火戻りを背に寝たる 淡路女

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図