和歌と俳句

迎え火 霊迎え

むかひ火や父のおもかげ母の顔 白雄

魂むかひこゝろ碓氷を越る夜ぞ 白雄

いざたもへ迎火焚てまゐらせん 子規

迎火を焚いて誰待つ絽の羽織 漱石

迎火の宙歩みゆく竜之介 龍之介

風が吹く佛来給ふけはひあり 虚子

迎火や年々焚いて石割るる 鬼城

迎火や恋しき親の顔知らず 鬼城

迎火や風の葎のかげによせ 茅舎

迎火や露の草葉に燃えうつり 茅舎

声かけて行く人に迎火の顔あげる 放哉

迎火やをりから絶えし人通り 万太郎

童らの紅提灯も魂迎へ 悌二郎

迎火をたきて夕餉としたりけり 万太郎

魂むかへ門の雑草穂に立ちぬ 悌二郎

歩き来る人見えにけりお迎火 かな女

迎火やあかるくともる家のうち 万太郎

迎火やことし植ゑたる萩がもと 万太郎

迎火やをりから絶えし人通り 万太郎

迎へ火や蜩近き雲割れて 茅舎

迎火を女ばかりに焚きにけり 素十

迎火や六親風のはるかより 麦南

迎へ火や海のあなたの幾柱 楸邨

迎へ火のそこらにひとつ露こぼれ 楸邨

迎火をみてゐる犬のおとなしき 万太郎

迎火やほのに霧らへる竹の奥 亞浪

魂迎ひそかに待てる魂ありて 三鬼

迎へ火の幹を染むるや海霧の中 楸邨

迎へ火や沖に呼ゐる船の笛 楸邨

狩勝を下りきし駅の魂迎へ 楸邨

迎火を焚く鎌倉の夜なりけり 万太郎

一束の地の迎火に照らさるる 多佳子

雨の迎火幼なの傘に煙こもる 草田男

迎火やこのごろ越して来た隣 万太郎

父母迎ふ火に照らされて六十三 林火