和歌と俳句

大野林火

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

あくまで秋晴噴煙は雲とならず

海上に出づ鰯雲ことごとく

深む秋雑踏にゐて顔暮れし

わが家さへ逃れたきとききりぎりす

マスカット剪るや光りの房減らし

きりぎりす旅の餉に聞く汝も聞くや

秋雲や磨き丸太の立ち並び

雲中も杉は里寄りに

白切子雲につながる杉の界

盆過ぎや激していそぐ夜の川

夏の果死仕度またわが事よ

戻りしこと妻も気づかず秋の暮

梨を喰み雨夜の話題遠き人へ

一燈過ぎつぎの燈遠し秋の暮

遅く着く人蟲しぐれ乱すなし

濡るるもの皆黒くして秋の雨

霧呼んで力尽くしてみづぐるま

父母迎ふ火に照らされて六十三

書き鈍れば天井秋の風棲むや

風の中の新月九月はじまれり

サイロ入月の団子も招ばれけり

サイロ入はじまる望の夜も近し

サイロ入ひまはりの黄も刻みこみ

立てかけて雨月の傘の皆黒し

夜長し死者と交はる夜もありて