和歌と俳句

大野林火

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

稲妻のはるかにしをり水を汲む

鳴き鳴きて囮を霧につつまれし

灯籠にしばらくのこる匂ひかな

いなづまにつめたきかごの野菜かな

草市もきのふとなりし雨匂ふ

カステラが胃に落ちてゆく昼の秋

走馬燈おろかなる絵のうつくしき

末枯の陽よりも濃くてマッチの火

虫売のうしろの河の秋の風

書きてつかれいちめんの夜露見て睡る

十三夜うすぐも屋根に垂りにけり

髪撫づれば吾子なよりくる秋夜かな

窓ひらき吾子と夜霧の燈をかぞふる

七夕の子の前髪を切りそろふ

をくる跫音妻と知りゐたり

店越に紺青の海梨を買ふ

颱風の雲しんしんと月を裹む

をみなへし信濃青嶺をまのあたり

稲架の道旦夕きよくなりにけり

鋳物の火鳴く夜空焦がしたり

見るうしろを夜舟たちゆけり

瓶の野に在るごとく夕日せり

野分きし翳をうしろに夜の客

草市の燈を白服に享けて過ぐ