和歌と俳句

秋の風

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

寝かへれば秋風の音吹きかはる 波郷

秋風に立ち号外を日々手にす 波郷

吹き起る秋風鶴をあゆましむ 波郷

嬰児の声秋風の音かはる間に 波郷

秋風は芙蓉の花にややあらく 虚子

老松のただ知る昔秋の風 虚子

山の日は暑しといへど秋の風 虚子

秋風や聳えて燻る嶽の尖き 蛇笏

手をとりて秋風にあり昼休 汀女

揚げ泥も揺るる秋風衝つところ 草田男

静臥椅子秋風の書に指挿む 誓子

満山の秋風鷲に吹きわかる 楸邨

蚊帳出づる地獄の顔に秋の風 楸邨

浅間路に滞まりゐるや秋の風 波郷

東京に麦飯うまし秋の風 波郷

秋風の俄に荒し山の庵 虚子

門前の坂に名附けん秋の風 虚子

秋風に吹かれ白らめる面かな 虚子

大杉に隠れて御堂秋の風 虚子

吹きぬける秋風の吹きぬけるままに 山頭火

太幹のかげより起る秋の風 風生

秋風の樹を空にしてベンチあり みどり女

大陸にわが書を贈る秋の風 蛇笏

秋かぜの回覧板を廻し来る 万太郎

勝手口あきかぜ好きにかよひけり 万太郎

秋風や柳川鍋の赤き蓋 万太郎

秋風やはなせばながきことながら 万太郎

透かし彫大いなる牡丹秋の風 青邨

一皿のランチを食つて秋風に 青邨

わが助手も征けりペン捨て秋風裡 青邨

草山は秋風吹けり父の貌 鷹女

もの問へど秋風われにつきまとふ 鷹女

秋風や水より淡き魚のひれ 鷹女

秋風に吾を誑かすもののあれや 鷹女

愛猫を抱く秋風のうしろまへ 鷹女

秋風やささらの棕櫚の蠅叩 茅舎

秋風や稚子大声に待つ門に 茅舎

師ゐますごとき秋風砂丘ゆく 茅舎

秋風に我が肺は篳篥の如く 茅舎

秋風に砂丘に杖を突刺し立つ 茅舎

秋風や留守の用意と旅支度 汀女

秋風の駅の時計とわが時計 汀女