和歌と俳句

渡り鳥

日にかかる雲やしばしのわたりどり 芭蕉

朝あらしあまたの上を渡り鳥 去来

故郷も今は仮寝や渡り鳥 去来

雁よりは哀も低しわたり鳥 也有

わたり鳥こゝをせにせん寺林 蕪村

わたり鳥雲の機手のにしき哉 蕪村

京ちかき山にかゝるやわたり鳥 暁台

大風に傷みし樹々や渡り鳥 碧梧桐

渡り鳥安積颪にしばしばす 碧梧桐

鳥海を肩ぬぎし雲や渡り鳥 碧梧桐

赤彦
山深き湖水の空の渡り鳥群れて渡れど音こそなけれ

小石川も音羽の空や渡り鳥 喜舟

木曽川の今こそ光れ渡り鳥 虚子

鳥渡る羽音や谷の風の中 石鼎

渡り鳥仰ぐや茱萸を食べながら かな女

物を干す白き腕や渡り鳥 草城

稲架かけて飛騨は隠れぬ渡り鳥 普羅

渡り鳥四方に生るる端山かな 秋櫻子

四ツ手網あがる空よりわたり鳥 秋櫻子

渡り鳥赤城も見ゆる雲間より 秋櫻子

干柿に透きとほる種やわたり鳥 秋櫻子

渡り鳥仰ぎ仰いでよろめきぬ たかし

草の戸を立ち出でて見れば渡鳥 風生

渡鳥かすかに見えて過ぎてゆく 立子

裾山は桑の黄葉や渡り鳥 爽雨

みささぎは岩山にして鳥渡る 爽雨

稲架かげにしばらく見えず渡り鳥 立子

稲架かげとなりつゝ渡り鳥遠く 立子