紅葉

人麻呂
ま草刈る荒野にはあれど黄葉の過ぎにし君が形見とぞ来し

人麻呂
秋山の黄葉を茂み惑ひぬる妹を求めむ山道知らずも

人麻呂
秋山に散らふ黄葉しましくはな散り乱れそ妹があたり見む

大津皇子
経もなく緯も定めず娘子らが織る黄葉に霜な降りそね

山前王
秋山にもみつ木の葉のうつりなばさらにや秋を見まく欲りせむ

長屋王
味酒三輪の社の山照らす秋の黄葉の散らまく惜しも

大伴稲公
しぐれの雨間なくし降れば御笠山木末あまねく色づきにけり

家持
大君の御笠の山の黄葉は今日のしぐれに散りか過ぎなむ

家持
雨隠り心いぶせみ出で見れば春日の山は色づきにけり

藤原八束
春日野にしぐれ降る見ゆ明日よりは黄葉かざさむ高円の山>

高橋安麻呂
雲の上に鳴きつる雁の寒きなへ萩の下葉はもみちぬるかも

安倍虫麻呂
今朝鳴きて行きし雁が音寒みかもこの野の浅茅色づきにける

橘奈良麻呂
手折らずて散りなば惜しと我が思ひし秋の黄葉をかざしつるかも

めづらしき人に見せむと黄葉を手折りぞ我が来し雨の降らくに

久米女王
黄葉を散らすしぐれに濡れて来て君が黄葉をかざしつるかも

長忌寸娘
めづらしと我が思ふ君は秋山の初黄葉に似てこそありけれ

犬養吉男
奈良山の嶺の黄葉取れば散るしぐれの雨し間なく降るらし

犬養持男
黄葉を散らまく惜しみ手折り来て今夜かざしつ何か思はむ

大伴書持
あしひきの山の黄葉今日もか浮かび行くらむ山川の瀬に

三手代人名
奈良山をにほはす黄葉手折り来て今夜かざしつ散らば散るとも

秦許遍麻呂
露霜にあへる黄葉を手折り来て妹はかざしつ後は散るとも

大伴池主
十月しぐれにあへる黄葉の吹かば散りなむ風のまにまに

家持
黄葉の過ぎまく惜しみ思ふどち遊ぶ今夜は明けずもあらむか

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 茸狩 案山子 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮の秋
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集
お得区案内図