和歌と俳句

紅葉

七滝の三滝は見ゆる紅葉かな 播水

青邨
われもまた妙義の紅葉かざしたる

立子
さまざまの紅葉の山の重なりて

立子
雨晴れてきて対岸の紅葉山

山頭火
休んでゐるそこの木はもう紅葉してゐる

山頭火
谷の紅葉のしたたる水です

山頭火
一きわ赤いお寺の紅葉

山頭火
雑木紅葉のぼりついてトンネル

山頭火
山の紅葉へ胸いつぱいの声

亜浪
山彦のあれを呼ぶなり夕紅葉

風生
岩の上に傘を杖つく紅葉かな

立子
白きもの振りゐる見ゆる紅葉山

風生
濃紅葉や閂かかる神の橋

風生
湖べりにかたまり灯る紅葉宿

しづの女
一枚の濃紫せる紅葉あり

秋櫻子
雲垂れて巨いなる山の紅葉せり

秋櫻子
山紅葉国原四方に暮れゆきぬ

素十
月に寝て夜半きく雨や紅葉宿

素十
裏山の日なき紅葉に下りけり

立子
いく度も煮なほす茶かな紅葉茶屋

立子
何よりもうるし紅葉が目をうばふ

茅舎
紅葉谷の上に巍々たり御本山

茅舎
石垣に固めし院の紅葉かな