和歌と俳句

秋の日

晶子
ものいはぬ つれなきかたの おん耳を 啄木鳥食めとのろふ秋の日

晶子
目のいとま たまふと秋の日は  城を はなれていりぬ 大あら海に

牧水
静けさや 悲しきかぎり 思ひ倦じ 対へる山の 秋の日のいろ

牧水
むらむらと 中ぞら掩ふ 阿蘇山の けむりのなかに 泌む秋の日よ

牧水
別れてし そのたまゆらよ 虚ろなる 双のひとみに 秋の日を見る

晶子
秋の日は まろ寝つつまし くろ髪の あまりみだれて あるもはづかし

牧水
風止みぬ 伐りのこされし 幾もとの 松の木の間の 黄なる秋の日

牧水
秋の日の 空をながるる 火の山の けむりのすゑに いのちかけけれ

晶子
秋の日は さびし切なし 部屋の棚 あらゆる花を もて飾れども

普羅
高嶺より路の落ち来る秋日かな

普羅
慌しく大漁過ぎし秋日かな

石鼎
秋の日や猫渡り居る谷の橋

石鼎
船で着く行李持つ我れに秋日かな

蛇笏
酒座遠く灘の巨濤も秋日かな

龍之介
秋の日や竹の実垂るる垣の外

みどり女
秋の日や姉妹異なる髪の影

喜舟
合歓の実の薄きを透す秋日かな

龍之介
秋の日や榎の梢の片靡き

喜舟
釣鐘に射して冷えたる秋日かな

龍之介
秋の日の道椎柴に入りにけり

亞浪
秋の日をとどめて松の響きなし

泊雲
さみどりの森にみなぎる秋日哉

蛇笏
秋日椎にかがやく雲の袋かな

みどり女
秋の日や米とぐ人の櫛のみね

龍之介
秋の日や畳干したる町のうら

放哉
秋日さす石の上に背の児を下ろす