秋の日

晶子
ものいはぬつれなきかたのおん耳を啄木鳥食めとのろふ秋の日

牧水
静けさや悲しきかぎり思ひ倦じ対へる山の秋の日のいろ

晶子
目のいとまたまふと秋の日は城をはなれていりぬ大あら海に

晶子
秋の日はまろ寝つつましくろ髪のあまりみだれてあるもはづかし

晶子
秋の日はさびし切なし部屋の棚あらゆる花をもて飾れども

普羅
高嶺より路の落ち来る秋日かな

普羅
慌しく大漁過ぎし秋日かな

石鼎
秋の日や猫渡り居る谷の橋

石鼎
船で着く行李持つ我れに秋日かな

蛇笏
酒座遠く灘の巨濤も秋日かな

龍之介
秋の日や竹の実垂るる垣の外

みどり女
秋の日や姉妹異なる髪の影

喜舟
合歓の実の薄きを透す秋日かな

龍之介
秋の日や榎の梢の片靡き

喜舟
釣鐘に射して冷えたる秋日かな

龍之介
秋の日の道椎柴に入りにけり

亞浪
秋の日をとどめて松の響きなし

泊雲
さみどりの森にみなぎる秋日哉

蛇笏
秋日椎にかがやく雲の袋かな

みどり女
秋の日や米とぐ人の櫛のみね

龍之介
秋の日や畳干したる町のうら

放哉
秋日さす石の上に背の児を下ろす

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 案山子 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮秋
お得区案内図