和歌と俳句

秋の日

骨肉や秋の没日に相容れず 鷹女

あねいもと性の違へば秋日も二つ 鷹女

帰り来し命美し秋日の中 綾子

秋日の縁蜂飛びて行く明るくて 綾子

茂吉
秋の日は対岸の山に落ちゆきて一日ははやし日月ははやし

秋日寒む逢へばおどけて人痩せて 鷹女

秋の日のすぐに傾く白障子 汀女

亡き友肩に手をのするごと秋日ぬくし 草田男

縦横無尽の中の一点秋日吾等 綾子

秋日芝生にむしろあはあは吾等ゐし 綾子

秋日ちよと昃りて見せつよき庭を 虚子

朝過ぎゆく小さき時計秋日の中 綾子

再びは巡らぬ秋日靴の砂払ふ 綾子

貴船路の家の秋日の縁仕事 たかし

地と水と人をわかちて秋日澄む 蛇笏

状受けに秋日すべらす状斜め 草田男

秋日照らせり基督の生るる前 誓子

秋日さす割られ継がれし「芭蕉墓」 三鬼

峡暮れてとび散る雲にのみ秋日 風生

行くほどに長城しかと秋日満つ 汀女

秋日ふんだん伊予の鶏声たくさん 三鬼

秋の日のうつろひがちに室生寺 青畝

秋の日に晒して賽の河原あり 風生

み仏の肩に秋日の手が置かれ 誓子

滝つぼに下りて見上ぐる秋日かな 立子