暮秋

新古今集 能因法師
夏草のかりそめにとて来かども難波の浦に秋ぞ暮れぬる

新古今集 能因法師
かくしつつ暮れぬる秋と老いぬれどしかすかになほ物ぞ悲しき

俊頼
たれかはな 枯野をしのぶ をみなへし おのれも慕へ 秋の暮をば

俊頼
暮れて行く 秋し尾花の 末ならば 手折りて持たむ たちやとまると

西行
馴れ来にし都もうとくなりはててかなしさ添ふる秋の暮かな

定家
神なびのみむろの山のいかならむしぐれもてゆく秋のくれかな

定家
いろいろに紅葉をそむる衣手もあきのくれ行くつまと見ゆらむ

定家
暮れて行く秋も山路の見えぬまで散りかひくもれ峯のもみぢば

定家
物毎にわすれがたみのわかれにてそをだに後とくるる秋かな

定家
朝な朝なあへずちりしく葛の葉に置き添ふ霜の秋ぞすくなき

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 茸狩 案山子 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮の秋
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図