鵙 百舌 もず

百舌鳥なくや入日さし込女松原 凡兆

漆掻あたまのうへや鵙のこゑ 白雄

芋黒く竹黄になりて鵙の声 暁台

鵙鳴くや黍より低き小松原 召波

鵙の声かんにん袋破れたか 一茶

頬げたを切さげられな鵙の声 一茶

鵙啼くや一番高い木のさきに 子規

気短に鵙啼き立つる日和哉 子規

裏座敷林に近き百舌の声 漱石

たていしの山こえゆけば落葉松の木深き溪に鵙の啼く聲 

布雲に叢雲かゝる近江の湖あさ過ぎくればしき鳴くや鵙 

百舌鳥鳴くや汐さす頃を夕栄す 碧梧桐

山の辺に豆干す丘や百舌鳥の声 碧梧桐

百舌鳥鳴くや醍醐の道の菊の村 碧梧桐

いらいらと葱の畑をゆくときの心ぼそさや百舌啼きしきる 白秋

黄なる日に錆びし姿見鏡てりかへし人あらなくに百舌啼きしきる 白秋

我宿に百舌鳥鳴きうつる高音かな 虚子

鵙高音自然薯を掘る音低く 虚子

鵙鳴くや大百姓の門構 鬼城

はやて雲湧くに猛りて山の鵙 亞浪

薬師寺唐招提寺鵙渡る 普羅

鉞に裂く木ねばしや鵙の声 石鼎

酒樽洗ふ夕明り鵙がけたたまし 山頭火

レール果てなく百舌鳥のみが鋭し 山頭火

崖草に鵙しがみつく尾羽根かな 石鼎

高き鵙霧を怖れて落ちぬなり 石鼎

日の鵙や霧の高木に尾垂れたる 石鼎

張板抱へて廻れば眩し鵙の庭 汀女

山里やところかへつつ鵙高音 石鼎

霧かんで猛りし鵙や口赤し 石鼎

四方の峰曇りて薄輝かぬ野なかの樺に百舌鳥のゐて啼く 牧水

やまゆけばもずなきさわぎむさしののにはべにあしたおもひいでつも 八一

けぶり来し夕藪に鳴く鵙一つ 草城

猛り鵙ひうひう空へ飛べりけり 茅舎

鵙の声やめば静かや九品仏 立子

百舌鳥啼いて身の捨てどころなし 山頭火

鵙来鳴く榛にそこはか雕りにけり 不器男

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 ばった 案山子 鳴子 落とし水 落ち鮎 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮秋
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図