和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

けづる如き山畳める如く雲の秋

暗き火に燈籠まはること遅し

寄席ききに走馬燈を消してゆく

獨り淋しまはり燈籠にはひるべく

走馬燈昼は淋しくすぼりたる

走馬燈長い坊主がひかかつた

遠花火嵐して空に吹き散るか

丸き窓にともし火うつる芭蕉かな

高き窓に芭蕉婆娑たる月夜かな

ばう然と野分の中を我来たり

鶏の空時つくる野分かな

秋草の襖にひたとよりそひつ

秋草の名もなきをわが墓に植ゑよ

より顔つき出せば路ありし

松虫に恋しき人の書斎かな

弟子僧にならせ給ひつの秋

住まばやと思ふ廃寺に月を見つ

ころころと月ととの別れかな

盗なるかな茸狩りに来て芋を掘る

うかうかと風邪ひく秋の夕かな

新酒飲んで酔ふべく我に頭痛あり

盗んだる案山子の笠に雨急なり

案山子ばかり道とふべくもあらぬかな

百舌鳥なくや棺下してニ三人

おもかげのかりに野菊と名づけんか

柚味噌に佛の飯を湯漬かな