芭蕉

芭蕉野分して盥に雨を聞く夜かな 芭蕉

鶴鳴其声に芭蕉やぬれぬべし 芭蕉

芭蕉葉を柱にかけん庵の 芭蕉

此寺は庭一ぱいの芭蕉かな

芭蕉葉は何になれとや秋の風 路通

物書に葉うらにめづる芭蕉哉 蕪村

露はれて露のながるゝばせを哉 白雄

青々と障子にうつるばせを哉 子規

隣からともしのうつるばせを哉 子規

がさがさと猫の上りし芭蕉哉 子規

黄檗の山門深き芭蕉かな

屋根葺のごみ掃落す芭蕉哉

禅寺や芭蕉葉上愁雨なし 漱石

初秋の芭蕉動きぬ枕元 漱石

藁寺に緑一団の芭蕉かな 虚子

芭蕉林雨夜ながら月明り 鬼城

ともし火と相澄む月のばせをかな 蛇笏

門内の虚空を煽る芭蕉かな 泊雲

高々と一葉全き芭蕉かな 石鼎

童子二人担へば重し芭蕉の葉 泊雲

足あらふ来客をみる芭蕉かな 蛇笏

方丈の掃除きびしき芭蕉かな 喜舟

夜もすがら騒ぐ芭蕉や秋の宿 風生

露終に流れ出でたる芭蕉かな 石鼎

水霜にまつたき芭蕉広葉かな 茅舎

土砂降りに一枚飛びし芭蕉かな 茅舎

舵のごとくに濡れし芭蕉かな 茅舎

明暗を重ねて月の芭蕉かな 茅舎

古家の屋根より高き大芭蕉 立子

日一日寒くなりゆく芭蕉かな 万太郎

ありあけの露のはげしき芭蕉かな 草城

一痕の月あり芭蕉つゆけしや 草城

収穫の庭ひろびろと芭蕉かな 青邨

芭蕉葉やまぶしくも日のありどころ 淡路女

蔵壁にひた着く葉ある芭蕉かな 石鼎

大芭蕉壁をうしろに露しげし 石鼎

芭蕉葉の雨音の又かはりけり たかし

肱のせて窓に人ある芭蕉かな たかし

芭蕉葉や秋白日を照返し 茅舎

堂々と露の柱の芭蕉かな 茅舎

月光の露打のべし芭蕉かな 茅舎

芭蕉葉や白露絨し日に匂ひ 茅舎

芭蕉林小き芭蕉草の中 青邨

露のすぢ几帳面なる芭蕉かな 青畝

法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 流星 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花 野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 鉦叩 名月 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図