桐一葉

芭蕉
よるべをいつ一葉に虫の旅ねして

鬼貫
桐の葉は落ても下に広がれり

嵐雪
一葉散る咄ひとはちる風の上

千代女
文月の返しに落る一葉哉

也有
千葉どのゝ庭にもけさは一葉かな

太祇
一葉さへかさなりやすき日数かな

召波
褌の竿を落けり桐一葉

白雄
渡る瀬にあらしの桐の一葉哉

一茶
人去て行燈きえて桐一葉

一茶
秋蝉の終の敷寝の一葉哉

一茶
念仏に拍子のつきし一葉哉

一茶
寝た犬にふはとかぶさる一葉哉

子規
隣からそれて落ちけり桐一葉

子規
我に落ちて淋しき桐の一葉かな

漱石
白壁や北に向ひて桐一葉

漱石
ばつさりと後架の上の一葉かな

漱石
雲を洩る日ざしも薄き一葉哉

虚子
桐一葉日当りながら落ちにけり

牧水
落初めの桐のひと葉のあをあをとひろきがうへを夕風のゆく

鬼城
大空をあふちて桐の一葉かな

山頭火
桐一葉一葉一葉の空仰ぎけり

久女
螺線まいて崖落つ時の一葉疾し

龍之介
線香の束とかばやな桐一葉

龍之介
線香を干したところへ桐一葉

青畝
桐一葉さはりきし葉や揺れ合へり

草城
乾きたる砂のけうらや桐一葉

泊雲
せゝらぎをゐざりおほせし一葉かな

泊雲
底深く流るゝ見ゆる一葉かな

泊雲
飛び石とならび据はれる一葉かな

草城
風吹けばさかんに落つる桐一葉

草城
乾かして焚きつけにする桐一葉

青邨
手をかざす火鉢の前の一葉かな

青邨
キャフェの裏にして工場の桐一葉

夜半
消息のつたはりしごと一葉落つ

楸邨
静かなる午前を了へぬ桐一葉

蛇笏
桐一葉月光むせぶごとくなり

草田男
桐一葉音たゆみなき鍛冶の音

虚子
掃き送る桐の一葉を先き立てて

万太郎
一葉落つ圓生可樂いま小さん

草田男
桐一葉影が来かけて人往にむ

草田男
桐一葉板の間住みに拾ひ来て

草田男
桐一葉遥か遥かを知人過ぐ

石鼎
桐一葉風がもて擦る土の上

万太郎
桐一葉芝生の雨にうたれけり

万太郎
桐一葉空みれば空はるかなり

万太郎
桐一葉落ちたるひそかる念

青畝
歯のゆるぎ易く老いたり桐一葉

風生
老の胸驚き易く一葉落つ

静塔
桐一葉いまだ梢の葉なりけり

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図