和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

宮嶋の神殿はしる小鹿かな

宮嶋や干汐にたてる月の鹿

神に灯をあげて戻れば鹿の声

宮嶋に汐やふむらん月の鹿

啼くや一番高い木のさきに

竹椽を団栗はしる嵐哉

椎ひろふあとに団栗哀れ也

桐の木に葉もなき秋の半ばかな

雨風にますます赤し唐辛子

はりはりと木の実ふる也檜木笠

箱根山八里と申さばや

犬蓼の花くふ馬や茶の煙

唐黍のからでたく湯や山の宿

石原にやせて倒るる野菊かな

千山の紅葉一すぢの流れ哉

両岸の紅葉に下す筏かな

神殿の御格子おろすもみぢ哉

煙たつ軒にふすぼるもみぢ哉

弁当を鹿にやつたるもみぢ哉

井戸掘や砂かぶせたる蓼の花

朝顔の日うら勝にてあはれなり

色かへぬ松や主は知らぬ人

秋立つと知らずや人の水鏡

旅人や秋立つ船の最上川

旅の秋立つや最上の船の中

家の向き西日に残る暑さ

肌寒み寐ぬよすがらや温泉の匂ひ