和歌と俳句

宮島

子規
宮島の神殿はしる小鹿かな

子規
宮島に汐やふむらん月の鹿

子規
宮島や干汐にたてる月の鹿

子規
沖中や鳥居一つの冬木立

子規
宮嶋や春の夕波うねり来る

子規
宮島の山の秋草分け行けば逃げ去る鹿に驚かされぬ

子規
宮島の島の浦わに伏す鹿を撫でんとすれば起きて逃げけり

子規
宮島の紅葉が谷は秋闌けて紅葉踏み分け鹿の来る見ゆ

若葉銀杏がすくすくと伸びて雲もなし 山頭火

波晴れて七浦の神みなお留守 草城

部屋に沿ふて船浮めけり桃の花 虚子

の袂に触れし女鹿かな みどり女

島人が提げゆく雨の軒菖蒲 秋櫻子

浦の舟端午の菖蒲載せて漕ぐ 秋櫻子

宮島の杓文字は島の案山子かな 青畝

厳島

有明やさくらの浪にずんぶりと 路通

廻廊に夜の明やすし厳島 涼菟

薫風やともし立てかねついつくしま 蕪村


子規
波の面にうかべる宮の影見れば海の下ゆく人もありけり

子規
諸船のつどひ来にけりいつく島いづくを海としらぬばかりに

子規
ともし火は星のごとくにならびたり空か海かとまがふ許りに

子規
ゆらゆらと廻廊浮くや秋の汐

子規
海の上に初雪白し大鳥居

子規
汐満ちて鳥居の霞む入江哉

牧水
青海は にほひぬ宮の 古ばしら 丹なるが淡う 影うつすとき

八一
みやじまとひとのゆびさすともし火をひだりにみつつふねはすぎゆく

八一
うなばらをわがこえくればあけぬりのしまのやしろにふれるしらゆき

はたた神七浦かけて響みけり 草城

白秋
厳嶋潮満ちたらし海中と鳥居ひたりて鹿あがる見ゆ

茂吉
わが眠る枕にちかく夜もすがら鳴くなり春ふけむとす

茂吉
厳島に一夜やどればは止まず鳴きたりこゑなつかしも

茂吉
こよひ一夜友と離れてみづに鳴く蛙のこゑを聞けばさびしも

茂吉
過去とほきこのみ社にまうで来て心は疲るはるのひと夜を

鳴く鹿に笙しらべゐぬ厳島 かな女

廻廊を潮くぐり鳴る干潟かな 爽雨

廻廊に書を抱く禰宜や夕干潟 爽雨

厳島弥山にのぼるかな 尾崎迷堂

廻廊に献じて春の燈かな 風生

夏燕めぐりてかへる丹の柱 秋櫻子

花楓紺紙金泥経くらきかも 秋櫻子

若楓あはれ美しきもの残る 秋櫻子