和歌と俳句

宍道湖

久女
蘆芽ぐむ古江の橋をわたりけり

久女
蘆の芽に上げ潮ぬるみ満ち来たり

久女
上げ潮におさるゝ雑魚蘆の角

久女
若蘆にうたかた堰を逆ながれ

玉造温泉

亜浪
夢安からむ今宵蛙の諸声に

柿本神社

亜浪
蝉や時雨れむ高津乙女が衣濯ぐ

石鼎
老鶯や人丸の宮のほとりより

石鼎
赤土よしそこに神さび松涼し

石鼎
古りたれど丹濃き涼しき神なりき

石鼎
頂や海をうしろにすゞし神

津和野

秋櫻子
伸びてくらき典医の家構

秋櫻子
芍薬や棚に古りける薬箱

秋櫻子
旅人の魚板打つなりほととぎす

秋櫻子
梅雨の鯉澄めり門辺を水ながれ

楸邨
苺ぬすみてくろかみ乙女詩碑のかげ

乙女峠

秋櫻子
草刈るや栄光のこす邪宗門

楸邨
おのれまげねばこの夏草の墓の列